« 遊学舎でのコンサート報告 | トップページ | SOSOコンサート »

2008年6月29日 (日)

SOSOライブ決定!

077

つい先日3日間に及ぶ有田、西海、波佐見のコンサートを終えたばかりの重松さん(SOSOと呼ばせていただきます)が、また8月のはじめに、わざわざ、来てくれることになりました!
前回、主催したスタッフ皆さんが余韻をまた楽しむために、
ご褒美のような会をどっぷり、ふか~く味わっていただきたいと願って。
******************************
(どうぞ告知にご協力ください。)

「音と私が出会うとき」

重松壮一郎さんの音を心と体で深くしっかり聞いてみたい。
私の中に音が触れるとき、忘れていた何かが目覚めます。
一人一人に触れる音はどれも違って、それぞれが愛おしく、
慈しみ深く、自然に心が開かれる気がします。
目をとじて、心と体に静かに耳を傾け、
重松さんの音とそれぞれの私の調和を楽しみましょう。

8月2日(土曜日)
夕方6時30分開場
   7時開演
場所 有田カフェ花伝
(有田町中樽3-8-22)
電話:0955-43-3225

前売りチケット¥2000
当日チケット¥2500
子供(中学生まで)¥800
限定40名です。

チケット予約(吉村舞まで)
0956(38)8783
090(4584)5814
もしくはこちらへメールをください。
メール

107_2

3月にアヒンサー主催で行ったコンサート。
六ヶ所村の再処理工場が止まることを願って署名とキャンドルの交換を行いました。
素敵なキャンドルだったな~今回もできるといいね。

以後、SOSO(重松壮一郎さん)からのメッセージです。
(ここから、今回のテーマが生まれています。)

8月のライブ、実現したらいいな。
舞ちゃんやアヒンサーのみんなやお客様が、
自分が生きていることを実感するような、演奏ができたらいいなと思う。

僕は、僕の音を聴いた人が、「あ、わたし、生きてる...」って感じてもらいたいと思っているの。
いつもそう願って弾いてる。
以前、ホスピスで演奏したとき、患者さんは余命が数ヶ月の人ばかりなのだけど、
鼻に管をつけ、車椅子で聴いてくれたあるご高齢のおじいちゃんが、
ライブの後に、「わしは、生きてるんだ!と久々に感じました。ずっと忘れていた。」

と言って、すごく興奮して、想いを伝えてくれたの。

そんな「生(せい)の実感」をしてもらえたらと僕は願う。
僕も演奏することで、生きていることを感じてる。
そして、僕らは一緒に生きてる。
同じ時空の中で、同じ時代に生きてる。
それはすごい奇跡だよね。

~っというメッセージが届きました。

ほんと、生きてることを日々、大事にかみ締めながら、生きている感覚を感じていたい。
アヒンサーの言葉にあるようにだね。
(アヒンサーとは、サンスクリット語で、
非暴力、不殺生と訳され、
「生命あるものを殺さない、傷つけない。」こと。
「世の中を幸福にするために、
心と体と言葉で、一生懸命に生きる」こと。)

重松さんの音を聞いて、私もどんな発見があるか、楽しみです。
どうぞ、皆さん、夏の集まりにどうぞご参加ください。

SOSO,遠くまでいつも、ありがとう。
095

|

« 遊学舎でのコンサート報告 | トップページ | SOSOコンサート »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 遊学舎でのコンサート報告 | トップページ | SOSOコンサート »