イベント

2011年7月24日 (日)

パオさんでイベントです。

200803171

東日本大震災から4ヶ月がたちました。
福島原発事故は終息することもかなわずに、大気に海に放射能を放出し続けています。

2002年から福島県飯舘村で「エコビレッジ なな色の空」を立ち上げて活動していた村上真平さんを囲んでお話を聞く会をします。
9年かけてエコビレッジのベース作りをされてきたのに、3.11の原発事故がすべてを奪ってしまいました。

現在は、三重県に避難しながら、一刻も早く原発を止めるために各地で話をされています。
村上さんは85年からバングラデシュやタイで、NGOを通して約20年間海外協力の現場にかかわってきた方です。
皆さん、よかったら来ませんか?参加の方は、ご予約ください。
交流会は、何かおいしいものを作りますよ~。

「自然と共にあった福島県飯舘村の生活・・・原発事故が奪ったもの」
   村上真平さんに聞く
日時:7月31日(日) 17:00~18:30 お話と質問
              19:00~21:00 交流会(食事代 800円) 要予約
*お話会の参加費は無料ですが、福島に野菜を送る活動へのカンパをお願いします。

場所 フェアートレードショップ パオ
長崎県西海市西海町太田和郷4600-51
TEL 0959-29-4080

|

2010年5月27日 (木)

「犬と猫と人間と」

映画の自主上映会のご案内です。是非見てほしいとちらしを持って来られました。

「犬と猫と人間と」

日にち:6月13日(日)
時間:14:00~
会場:佐世保市中央公民館3F講堂
会場住所:長崎県佐世保市松浦町5-1
主催団体:長崎わんわんレスキュー
問い合わせ:090-75771654

かわいいですか? それとも かわいそうですか?

町を歩けばあちこちで目にする光景があります。それは、散歩中の犬や、路地裏でくつろぐ野良猫たちーーー。
しかし、全ての犬と猫が幸せな一生を送れるわけではありません。空前のペットブームの影で、日本で処分される犬と猫は年間30万頭以上。一日に1000匹近くが殺されている現実があります。あなたは、犬と猫たちのことをほんとうに知ってますか?

捨てられた犬と猫をめぐる旅が始まります

一人の猫好きのおばあさんの「不幸な犬猫を減らしたい」という思いから、この映画は生まれました。そして、犬と猫をめぐる旅が始まります。完成までには4年が費やされました。監督は、ドキュメンタリー映画『あしがらさん』で路上に生きる人々に寄り添った飯田基晴。犬と猫が歩くような低い視点から、人と犬猫の関係をしっかり見つめます。
映し出されるのは、鉄柵の向こうから悲しげな目で見つめる犬、行政施設に持ち込まれる生まれたばかりの子猫たち。更には、動物愛護先進国・イギリスの姿、捨てられた命を救うため奮闘する人々の苦悩。でもそんな重苦しい現実の合間に描かれる、動物たちのほのかなユーモアが心をほぐしてくれます。

犬と猫をとおして見えてくる人間の姿

動物には関心がないというひともいるかもしれません。
でも、捨てられた命を懸命に救おうとする子どもや大人の姿から見えるのは、「いのち」への愛情です。捨てる人たちも、動物が嫌いな訳ではありません。そして、動物の処分を担う人たちにもまた、愛情があります。
それは私たち人間が抱えるエゴと愛。捨てるのも人間なら、救うのもまた人間です。
「犬と猫と人間と」からは、知られざる多くの現実の先に、「かわいそう」という感傷を乗り超える、ささやかな希望がみえてくるはずです。


監督:飯田基晴(『あしがらさん』) 企画:稲葉恵子  
撮影:常田高志・土屋トカチ・飯田基晴 音楽:末森樹
製作:映像グループ ローポジション 配給:東風  宣伝協力:スリーピン
助成:芸術文化振興基金 (2009年/HD/16:9/日本/118min)
映画「犬と猫と人間と」 オフィシャルサイト

|

2010年5月24日 (月)

イベント・キャンドルナイト2010

Tomosu_3   

6月21日・月曜日 
「キャンドルナイト・灯す」
音と光りのコンサート

毎年恒例のキャンドルナイトを今年も行います。
美しい夏の夜をともに過ごしましょう!(写真は去年のキャンドルナイト)

100621_geshi_2 

夏至の夜にみんなで、キャンドルの灯りで、静かな夜を過ごしませんか。電気を使わない夜、電気のない静けさに耳を傾けてみましょう。豊かで美しいひととき、お話し、
ピアノの音に耳を澄ましましょう。
毎年恒例、絵本作家・イラストレーター桑迫賢太郎君とピアニスト重松壮一郎さんお二人のコラボレーションです。

※フェアトレード・カフェ「パオ」のおいしい晩ごはんプレート、特別なドリンクもご用意します。プレートはご予約ください。(800円)

出店 アヒンサー(地球に人にやさしい社会をつくる会)・オランダの花やさん・マーシーキッチン(天然酵母のパン屋さん)

プロフィール

Soso_face_01_2

重松壮一郎(ピアニスト・作曲家)
生きとし生きるもの全てとの共鳴から音を紡ぐピアニスト。即興演奏とオリジナル曲を主体とした独自のスタイルで、日本全国、アメリカにて活動中。旅先の自然、風景、生き物、人々との大を即興で音に紡ぐ「旅の音楽家」であり、年間100回以上行うそのライブは各地で好評を博している。人間だけでなく、すべtの命に向けた音楽を想像すること、音を媒介に自然と交換すること、環境問題における音楽の役割とは?などのテーマに取り組んでいる。

Kuwasako_2 

●桑迫賢太郎(絵本作家・イラストレーター)
1979年鹿児島生まれ。長崎大学環境科学部卒。大学休学中にNGOボランティアスタッフとしてカンボジアに5ヵ月間滞在。現在、長崎県 西彼杵半島 雪浦(ゆきのうら) 在住。自然農による米、野菜つくりに挑戦しながら、学習塾を開き、創作活動を行っている。代表作:「銃を鍬に」

  • 6/21(月曜日)
  • キャンドル・ナイト夏至2010 音と光のコンサート
  • 会場: mai & clem 家(長崎県佐世保市重尾町1192 
    tel: 0956-27-5730)
  • 時間: 開場18:00 開演19:00
  • 料金: 大人1500円 子ども無料(中学生以下)・駐車場あります。

Sponsored Link

|

2010年3月29日 (月)

アースバザール パオパオ市場

アースバザール パオパオ市
4月3日(土) 11:00~17:00
   4日(日) 11:00~16:00


場所 西海市西海町太田和郷4600-51
℡・ファックス 0959(29)4080
昨年の「アースデイさせぼプロジェクト」に続いて今年は小さく、
それぞれの場所でそれぞれにやっていこうという取組みのひとつです。

西海のきれいな自然の中でゆっくりと流れる時間を楽しみながら
「地球にやさしいモノたち」と出会うマーケット。
出店・ワークショップ・4日にはライブもあります。
おいしいお菓子、体にやさしい生活のもの、
思いを込めて作られた大切な小物たち、
そして、その人達に是非出会っていただきたいと思います。

立石 佐保美さんライブ   川添酢造
さいかい元気村 村の菓子工房      自然と暮らす ぐりーん   雪浦手造りハム
オランダの花やさん  Big Family Farm ヨーチの店  パオ  地球屋  あうん堂
鬼塚聖貴さんライブ 森の舎楽  ガラス工房和尚  オニヅカ工作所  HARmii

詳しくは、HPをご覧ください。
春の美しいひとときをご一緒しましょう!    フェアトレードカフェ パオ  森田敦子

|

2010年2月14日 (日)

第3回いのちと食をめぐる

たべつむぎから 第3回いのちと食をめぐる のご案内です。
・・・・・・・
第3回いのちと食をめぐる会
『ニホンミツバチとともに生きる ~養蜂を通して見える農業、環境、人~』
 佐世保市在住のニホンミツバチの養蜂家・久志冨士男さんとの座談会です。
・・・・・・・
できるだけ多くの方に聞いてほしいので、今回は地域別に2回開催いたします。各会とも参加費500円(要予約)です。

・3月6日(土) 18時~19時半 
 場所:フェアトレードカフェ・パオ(西海市)(※1) 
(会終了後、久志さんを囲んでの食事を準備しています(要予約・800円))

・3月7日(日) 10時~11時半 
 フィールドトーク 巣箱設置場所にて(佐世保市吉岡町)
(定員を約15名とさせて頂きます。9時半に大野バス待合所に集合後、乗り合わせて現地へ)

興味を持っている方、ご参加下さいませ。
両日とも要予約です。
(会に関するお問い合わせは担当たべつむぎへ、もしくは、パオの森田さんへTEL0959-29-4080)

・・・・・・
(紹介文です)
 ミツバチと聞いて、あなたは何を思いますか? 甘い蜂蜜? かわいい? それとも、刺されそうで怖い?・・・
実はミツバチは、蜂蜜の採取に限らず、私たちの食や環境とも、とても密接な関係にあります。
(ミツバチが絶滅したならば4年で人間は死に絶える、と、かのアインシュタインが言ったそうです。)
久志さんを囲んでお話をすれば、ミツバチたちが、もっともっと身近な存在になります。
(特にニホンミツバチは、とてもとても人なつっこい生き物なのです。)
また、近年そのミツバチが私たちの周りで、そして全世界で、急速に減っている問題についても詳しくお伺いしたいと思います。
(確かに、最近見なくなったと思いませんか?これは緊急なのです。)
・・・・・・・・・・
(講師紹介)
 久志 冨士男さん (ひさし ふじお) ハチと話せるおじさん・「ミツバチたすけ隊」隊長
(佐世保市在住。アジア養蜂研究協会会員。日本蜜蜂研究会会員。20
数年前からニホンミツバチの生態研究と普及に専念。壱岐・五島などの離島で絶滅したニホンミツバチを復活させる。著書に
『ニホンミツバチが日本の農業を救う』 (高文研)。)

よろしくお願いします!
たべつむぎ http://tabetsumugi.net

|

2009年10月23日 (金)

「ピアノの森・アフリカのムビラ」行ってきました♪

こんばんは。

遅くなりましたが今夜は10/7のアヒンサーイベント

「ピアノの森・アフリカのムビラ」の私なりのレポートをと思ってアップさせていただきまーす♪

すごくすごく楽しかった~。

民家でのコンサートってあったかい。

アヒンサーメンバーで集まれる人がそれぞれ準備に取り掛かります

私は受付してました。

チャイとクッキーのチケットがあった方がいいねと手書きで作って手でちぎったり。

チャイはできたかな?クッキーは?残り少なくなったねー

Img_0849

ピアニスト重松壮一郎ことsosoさんとコイケ龍一さんの最終リハーサルも終わって

暗くなってきました

さー

始まるよ♪

Img_0842 挨拶です。

やや緊張気味?

楽しい音の中へ引き込まれていきました

いつのまにか二人の森の中のコンサートへ…誘われて

私の体の中の細胞が飛んだり跳ねたりしてる感じでした

Img_0853休憩時間、 コイケ龍一さんの楽器「イリンバ」「チリンバ」など興味深くのぞいてたら、「触っていいですよー」

さっそくみんな親指でピコンポロン♪ポロポローンと指で弾いてました

ちなみに私が弾いたら「ベゴンピコン」って感じ。

ありー?

珍しい楽器、親指ピアノというらしいです

「イリンバ・ムビラ(親指ピアノ)とは、アフリカの民族楽器で、親指の爪で弾いてオルゴールの様な音を出します。」HPより抜粋

コイケ龍一さんの足首では鈴が踊ってます

印象的だったのはアフリカでお腹をこわして病院に行ったときのお話から生まれた歌。

言葉が歌になってリズムになってと

なんとも不思議な感覚で笑いも自然とでてしまいました。

ニコニコと笑顔が絶えないアットホームなコンサートでした。

Img_0851

Img_0850  休憩中。

Img_0863 楽器の説明中。

アフリカの人はノイズを意図的に楽器に入れるお話とかおもしろかったです。

あまりにもきれいな音ばかり聴いているとノイズも聴きたくなるのかなぁ…なんて。

なんだか今回は重松さんはお兄さんのような視線。やさしいツッコミもあり、ナイスコンビネーション。

ふたりのCD「森のあそび」を聴きこんでた人は自然と口ずさんでましたよー。

私もその一人でした。

Img_0870 楽器を手にしたみんながアヒンサーバンド。

さー楽器がまわると始まるよ。

鈴ちゃんの朗読から始まります

「ハチドリのひとしずく 」ハチドリのひとしずくAセット ハチドリのひとしずくBセット ハチドリのひとしずくCセット ハチドリのひとしずくDセット
『ある時、アマゾンの森が燃えていた。
大きくて強い動物たちは我先にと逃げていった。
しかしクリキンディ(金の鳥)と呼ばれる小さいハチドリだけが、そこに残った。
そして、 口ばしに1滴ずつ水を含んでは、飛んでいって燃えている森の上に落とした。
また戻ってきては、水滴を持ってゆく。
それを繰り返すクリキンディを見て、大きくて強い動物たちは、馬鹿にして笑った。
「そんなことをして、森の火が消えるとでも思っているのか」。
クリキンディはこう答えた。
「私は、 私にできることをしているの」

Img_0869 「飛べクリキンディハチドリのうた」

最後はみんなで大合唱でした♪

共有できるこの時間に感謝しながら

あー生きてるなぁと楽しいなぁと私はそればかり考えてました。

みなさんはどう感じたのかな?

帰られる時の笑顔はそれはもう素敵でした

打ち上げの様子です。

Img_0881 Img_0887

みんな一口食べる食べに「オイシーー!」 「これは何?」「この調理方法は?」

と飛び交います

フェアトレードパオの森田さんが作ってくださいました。

「陰と陽の材料を順々に重ねて煮た」重ね煮が絶品

下も体も喜ぶご馳走。

豆乳はたべつむぎさん。

たべつむぎざんは10/30に「第2回いのちと食をめぐる会」を開催予定です

気になる方はチェックしてみてくださいね

長いレポートにお付き合いくださってありがとうございます。

さつき

| | コメント (2)

2009年10月19日 (月)

1時間30分、地球一周の旅 松本英揮 講演会☆

みなさま

ご無沙汰しております。中嶋芽久美ですconfident

イベントの告知をさせてください☆

【日時】2009年11月3日(火・祝)
開場:午後1時。開演:午後1時30分~午後3時

【場所】アルカスさせぼ小会議室にて


「地球のスライドショー☆ 松本英揮 講演会」を開催しますclub


参加費は大人¥1000、中高生以下無料ですdollar




2007年12月に開催した時は
おかげさまで大好評でしたhappy02


スライドショーを通して語られる地球の現状に圧倒されたり
ヨーロッパでは環境問題にどう向き合っているのか
実際に街並が映し出され
まるで自分がその地を旅しているような感覚eye



今回はまた新しい内容が追加されてます。
この2年の間にも、地球の様子がどんどん変化していますtyphoon



温暖化を止めようと自転車通勤を始めたフランスの市長さん
食糧危機を前に自らベジタリアンになったキューバの革命家
酵素風呂、自然エネルギーでAIDSや貧困に立ち向かうマリの青年
すべてゴミからつくられたエコハウス、アメリカの地球くん

などなど。

世界100カ国以上を旅する男が伝える地球の「今」sign03


スライド映写機を担ぎ、折りたたみ自転車に乗って
日本中、世界中で地球の「今」を講演する松本さんrun




みなさんも一緒に地球一周しませんかgood

| | コメント (0)

2009年10月15日 (木)

石木の里山 ピクニック♪のお知らせ

石木の里山ピクニック

10月25日(日)11時集合~☆

集合場所:JR川棚駅より800mほど佐世保よりにある、ダイソー駐車場(国道205号沿い)
      電車利用の方は11時頃、川棚駅にお迎えにまいります。(090-8833-9498までご一報ください)


コース:車で、ダム建設予定地である 川原(こうばる)地区へ移動
     ↓
     散策しながら岩屋神社へ。片道 約20分
     ↓
     戻ってきて河原でお弁当タイム
     ↓
     河原や田んぼの畦を自由に散策
     ↓
     3時ごろ解散予定

持ってくるもの:お弁当! 水筒 帽子などの日除け
         歩きやすい靴で来てくださいね~


Photo_2 

岩屋神社はとても厳かで 神秘的な雰囲気の神社です。
崖の上部の岩がくりぬかれた形になっていてその中に祠があります。

石木川は自然の形がまだ残っている川で、水が本当にきれいです。
今はコスモスがいっぱい咲いていますよ。

秋の休日、石木の里山で癒されませんか~目がハート
きっと元気をもらえます!

お問い合わせ:090-8833-9498(江口)

| | コメント (1)

2009年10月 7日 (水)

ピアノの森・アフリカのムビラ

091010_maiclem

アフリカの民族楽器・親指ピアノ奏者「コイケ龍一」さんと、旅する即興ピアニスト 「重松壮一郎」さんをお迎えして、重尾は1192(イイクニ)の我家で秋の夕べコンサートを開きます。虫の声と夕暮れと深まる秋をご一緒しませんか?

今年5月に発表された二人の共演アルバム「森あそび」は、これまた、とても素敵です。言葉が見つからないので、是非来て、耳を澄まして、感じてみてください。私の好きな「森の涙」が聞けるかな。
はじめてのかた、よかったらこんな感じです。(
二人の最近の共演

親指ピアノとピアノの珍しいセッション。唯 一無二の森あそび。
森の精のようにキラキラと、音の1つぶ1 つぶを、ぜひ体感しに来てください!
詳しくは
こちらからもどうぞ。

10月10日(土)開場18時( 開演19時)

場所:Mai アンド クレム家
    長崎県佐世保市重尾町1192
    (電話・0956-27-5730)

地図はこちら(駐車場あります。)

料金:前売り¥2000
    中高生¥1000
    小学生以下・無料
お申込 オランダの花やさん(0956-38-8783)
メールでの受付(
mai.style@oranda8783.com)


出演:重松壮一郎(ピアノ)
コイケ龍一(ムビラ・イリンバ・チリンバ・太鼓・うた)

出店: アヒンサーカフェも出店予定
    オランダの花やさん

| | コメント (1)

2009年9月30日 (水)

もっと知りたい石木ダム・上映会 のお知らせ

こんにちは。egriです。

政権が民主党に変わって、中央では「ダムは見直そう」という動きですが
長崎県と佐世保市は、依然として石木ダムをつくると言っています。。

石木ダム計画が持ち上がったのは1962年、もう半世紀近く前のことです。
この間に自然破壊はどんどんすすんできました。

本当に石木ダムは必要なのでしょうか?
27年前の強制測量の記録映像が残っています。
そこには、当時の住民の方々の祈り、悲しみ、怒りが映っています。

石木の問題をもっと身近に感じてもらえたら、と思い
この映像を観て、住民の方に話しを聞く会を開きます。
ぜひご参加ください。

もっと知りたい石木ダム・上映会

日時  10月14日(水) 19:00~
場所  佐世保市民活動交流プラザ(旧戸尾小学校)

50分程の上映のあと、住民の方を囲み、語りましょう。

「アヒンサー」「石木川まもり隊」「市民ネットワークさせぼ」「ピースギャザリング」共催

「石木川まもり隊」HP
↓↓↓↓↓
http://www1.bbiq.jp/ishikigawa/index.html

10/14の夜は空けておいてね~happy01

| | コメント (0)